| トップ | プライバシーポリシー |

マツコロ2016アルバム夏期ゼミナール開催

Matsumoto Collotype School Album Seminar 2016 After Report

会場の様子

 7月21日、恒例の「マツコロ・アルバム夏期ゼミナール2016」をホテルニューオータニ熊本で開催致しました。
 ゼミ企画中の4月に「熊本地震」が起き
甚大な被害を被る中、開催を一時は逡巡しましたが、皆様の心からのご支援をいただきながら当初の日程にて開催を決定。
 お客様からもたくさんの励ましのお言葉やご支援をいただく中で少しでもお礼と「熊本は元気です。頑張ります。」との気持ちをお伝えできればとの想いで企画運営をさせていただきました。
 「熊本を応援しよう!」とのお気持ちのまま、県内外より約150名のお客様にご参加いただき無事開催する事が出来ました。
これもひとえに皆様のおかげと感謝の想いで一杯です。


大賞を受賞された杉田写真館様との記念撮影

 当日はマツコロ・スクールアルバムコンテストの審査講評と表彰。
メイン講演に三重県でご活躍されています川地清広氏による「プレミアム・ポートレート」の実演を兼ねた講演を実施。
アルバム・コンテストは福岡県の杉田写真館様が大賞に輝きました。
 表彰式にてご担当の方が受賞の喜びと合わせ「大賞を目指しながら制作を頑張ってきました」と、おっしゃられているのを聞き、改めてマツコロ・スクールアルバムコンテストの意義深さを実感する機会にもなりました。


川地氏の撮影の様子

 また、卒業アルバムの個人頁に付加価値をとの想いでプレミアム・ポートレートをご提案し続けていらっしゃる川地氏の講演は、実演も兼ね照明の効果的な使い方など、幅広く即戦力になるテクニックを惜しみなくご披露いただきました。
 最初は講演会場内のみの撮影としておりましたが、急遽、ホテル側のご厚意もありホテル内の挙式用チャペルでのロケーション撮影も敢行。
 ご参加いただきましたお客様も十分に有意義で充実したゼミ内容となりました。
 今年のマツコロゼミは紆余曲折を交えての開催なだけに、お客様と関係各位の皆様の温かい真心を痛切に感じながらの開催でもありました。
 「恒例」とは言葉では言いますが、継続できることへの感謝の想いを込めながら、お客様により一層喜んでいただける「マツコロゼミ」の開催を来年も目指してまいりたいと思います。